ブログ

60歳を超えた時に何をして生活費を稼ぐか

メディアに取り上げられる話題は「一般的な家庭」が基準になっている。

しかし、どれだけの人が「一般的な家庭」に含まれているのだろうか?

将来、バイトですら働けなくなる可能性があるのに、現状に胡坐をかいて将来を何も考えずに生活するのは危険だと思う。

これからの世の中を生きていくためには、自分の力でお金を稼ぐ力を身に着けておくことが大切になる。

生活費を手にする手段を他人任せにしていては、社会から必要ないとはじき出された瞬間、普通の生活ができなくなる。

何も考えずに日々過ごしていれば、べーシックインカムが導入されるなど社会の在り方が大きく変わらない限り、多くの人が苦しむことは目に見えている。

そうならないために、何をすべきか。

一つの方法として、地域で生きること、地域に自分の居場所を作ることがあると思う。

そして、会社に属すことが出来なくなった人が、自分の趣味や経験を地域で活かして生活をする。

仕事がなくなってから始めても遅い。

20代・30代の青年世代の人も、自分の生き方をしっかりと考えておくべき。